忍者ブログ

台北旅行

台北旅行 令和元年6月15日~18日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

台北旅行 令和元年6月15日~18日

台湾旅行おつかれさまでした。
とても良い旅行だったとお聞きしました。
思い出の写真、アップしてもよい写真がありましたら
こちらにkentaku.okayama@gmail.com 
まで送ってください。
もちろん直接でも間接的にでもいいです。
写真は編集もいたします。
また、良いも悪いも、思い出話し等ございましたらお聞かせください。
今後の参考に致します。
よろしくお願いします。

お土産ありがとうございました。
美味しかったです。( ^^) _U~~





出発の日、岡山は雨でしたが台湾では雨は降らず晴天に恵まれました。
夕方に台北に着き、驚いたのは高速道路が多い。
またバイクも多く危ないなと感じました。

その夜小龍包など台湾料理をいただきました。

次の日に故宮博物院に1時間くらいかけて行きました。
まず感じたのが人が多い、休日ということもあり地元の台湾人、中国人
日本人などアジアの人が多くみな日本人に見えました(笑)

中田さんが手掛けているトリックアートも見ました。
たくさんありました。私たちは説明を受けて見られたので楽しめましたが、
アートには説明文がなく、説明されなかったら分からない作品もありもったいないなーと、
思いました。
他の国の方々は素通りされてしまっていました。
なかなか説明文を載せることは難しいと聞きました。

その夜 夜市にも行きました。
特に巽さんの発案で2日目の夜,皆さんで部屋に集合して自己紹介を含めた親睦会を行いましたが、
これがとても良かったです。
一緒にツアーしているとは言え,知らない方もおられたので一挙に近づいた感がございまし、
私を含めて22年生まれが4名いる事が判明し同い年繋がりでも親しみを感じました・・・・
巽さんに感謝です。

台北101の高いビルにも上りました。値段も高かったです(汗)(笑)2000円くらい!?

次の日は九份、昔の商店街のようでした。
十份にも行きました。は線路上で願い事を書いた灯籠(ランタン)を飛ばしました。
昼だったので夜だったらもっときれいだろうと思いました。
電車が来ると、どけてまた線路で飛ばします。
なぜこの地で、線路上で飛ばすのでしょうか。
かつては「五穀豊穣」や「子孫繁栄」などを願って天燈が上げられる農村のお祭りでした。
諸説。十份が神様が住む場所に一番近い町と考えられているからだそう。
そこに行けばどんな願いも叶う!? ランタンは台湾では天燈、願い事を書いて飛ばすことで神様に願いを届けるという言い伝えがあるようです。
灯籠は火が消えたら落下してくるようで帰りにもあちらこちらに落ちていました。
火事にならないか少し心配もしました。
飛ばした天燈は地元のボランティアさんが山に登って回収して下さっているようです。
また落ちたランタンの骨組は地元のご老人達が拾って、ランタン飛ばし屋さんに売るそうです。

帰りの日にちょっとハプニングが。
帰りのバスで数百メートル走ったところで2人の女性を置き忘れて帰ってしまっていました。
ひどい(笑)でも気付いてよかった。(笑)

今回は10名ほどでしたが天候にも恵まれました。
ちょうどよい人数だと感じました。楽しい台湾旅行でした。
黒坂さん 梶浦さん 中田さん 談話より 

聞きもれ 聞き間違い等あるかも知れません。ご容赦ください。

台北、故宮博物院を案内ガイドして下さった中田さんに感謝です。
また今回台北旅行を企画し最後までご尽力下さった多比良さんに感謝です。
ありがとうございました。


 
画素数を少なくしています。
高画質画像をご希望の場合はお知らせください。
PR

コメント

プロフィール

HN:
kentaku
性別:
非公開

P R